アドセンスイメージ画像

Top >  ハロウィーンの豆知識 >  ハロウィーンの過ごし方

ハロウィーンの過ごし方

スポンサード リンク

ハロウィーン豆知識5街はHalloweenを象徴する色である、オレンジと黒を主に、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、それにドラキュラやフランケンシュタインの怪物のようなキャラクターで飾られます。そして最もハロウィーンらしいシンボルであるJack-o'-lantern(かぼちゃをくり抜き目・鼻・口をつけた提灯)。

これは、白色の蕪をくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしたもので、怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィーンの晩、家の戸口の上り段に置きます。


子供たちはそれぞれお化けの格好をして近所の家々を歩いてまわります。そして、ドアをたたき、「Trick or Treat?」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)と言うと、大人たちは「Happy Halloween」と言って、お菓子をあげます。近所の家では子供が訪問するだろう数のお菓子(手作りのクッキーやポップコーンやキャンディなど)を用意して、どんなお化けが今年はやってくるのかと楽しみにしながら待っています。


家庭では、カボチャのお菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。また、ハロウィーンパーティでは必ずといってよいほどリンゴがあります。このリンゴを使って、Apple Bobbing と呼ばれる、水にぷかぷか浮かせて口で取るゲームが一般的に行われます。大きくて広いタブの水にりんごを浮かべ、タブの上に身を乗り出して、歯でりんごの軸をくわえ、つり上げるゲームです。 簡単なようですが、水に浮かんでいるとこれがなかなか大変。ハロウィーンという行事が生まれた頃、取れる果物というとリンゴだったためこのリンゴを使って料理をしたり、ゲームをしたようです。

アドセンスイメージ画像2

ハロウィーンの豆知識

ハロウィーンについての豆知識

関連エントリー

ハロウィーンの登場するキャラクター ハロウィーンとは ハロウィーンではどうして仮装するの? Jack-O-lanternって何? カボチャのお化け(ジャックオーランタン)のお話 ハロウィーンの過ごし方 アメリカでのハロウィンイベント イギリスでのハロウィン ハロウィンの巨大かぼちゃ Jack-o'-Lantern (カボチャ提灯)の作り方/簡単な流れ ハロウィンのお菓子 ハロウィンのコスチューム ハロウィーンを安全に楽しむために ハロウィーンの言い伝え