アドセンスイメージ画像

Top >  ハロウィーンの豆知識 >  ハロウィーンを安全に楽しむために

ハロウィーンを安全に楽しむために

スポンサード リンク

ハロウィーン豆知識11楽しいハロウィーンですが、注意しなければいけないことも多いのが、ハロウィーンの夜です。アメリカでは、ハロウィーンの騒ぎに紛れて、銃による射殺事件や毒物混入事件などが毎年のように起こっています。


アメリカでも物騒な地域では、子供が犯罪に巻き込まれるのを防ぐため、親が同伴したり、安全な地域の住宅街まで車で送ったり、学校が子供に"Trick or Treater証明書"を発行して、これがないと家庭訪問できないようにするところもあるのです。


また交通安全の面からも注意が必要です。米国のレポートでは、5~14歳の子どもがハロウィンの日(特に午後4時~8時)に交通事故に遭う確率が4倍高くなるといわれています。84%の死亡事故は、横断歩道を渡らずに、お菓子をくれそうな家に直接、道を横切って道路を横断する時に起こっているそうです。


ハロウィーンの夜は大人に向けて、住宅街を通る時は制限速度以下にし携帯電話は電源オフにすることが、提唱されています。子どもがトリック・オア・トリートに出かける時は、懐中電灯をもたせたり、コスチュームに反射するステッカーなどを貼ることなどの工夫をしたりします。

アドセンスイメージ画像2

ハロウィーンの豆知識

ハロウィーンについての豆知識

関連エントリー

ハロウィーンの登場するキャラクター ハロウィーンとは ハロウィーンではどうして仮装するの? Jack-O-lanternって何? カボチャのお化け(ジャックオーランタン)のお話 ハロウィーンの過ごし方 アメリカでのハロウィンイベント イギリスでのハロウィン ハロウィンの巨大かぼちゃ Jack-o'-Lantern (カボチャ提灯)の作り方/簡単な流れ ハロウィンのお菓子 ハロウィンのコスチューム ハロウィーンを安全に楽しむために ハロウィーンの言い伝え