アドセンスイメージ画像

Top >  ハロウィーンの豆知識 >  ハロウィンのコスチューム

ハロウィンのコスチューム

スポンサード リンク

ハロウィーン豆知識10アメリカでは、季節になるとハロウィン専門のお店が出たりするほど、お店もハロウィン一色に変わっていきます。毎年定番のドラキュラや魔女、フランケンシュタインの仮装から、プリンセスやエンジェルなどかわいい衣装も手ごろな値段で買えたりします。


変わり物として、流行の芸能人になりきるセットや、セクシーな衣装など大人のパーティー用衣装もたくさん出回ります。本格的な衣装を手作りするママもいるようですが、気楽にコスチュームを用意したい方に、簡単に出来るアイデアもいろいろあります。

ゴースト
(Ghost)
古い紙を用意し目の部分に穴を開けるだけの簡単かぶりもの。
魔女
(Witch)
黒いワンピースかスカートをはき黒いケープかショールをかけます。魔女の帽子は、新聞で円錐を作って頭の部分を切り抜いた輪に貼り付け、黒い絵の具で塗ります。
かかし
(Scarecrow)
ジーンズとチェックのシャツを着ます。頭にバンダナを巻き、帽子をかぶる。わらを帽子、襟、カフスにつけます。さらにハンカチや布切れなどをピンで貼り付けパッチワークのようにつけます。とうもろこしの穂もくわえるとよりよいのでは?
海賊
(Pirate)
黒いジーンズを切りほつれさせ、いらないシャツに穴をいくつか開けます。黒いゴムに黒のフェルトを切り貼り付け眼帯を作ります。刀を厚紙で作り、アルミホイルでまき、バンダナを頭に巻きます。フェイスペイントで顔の傷やひげをつけ、茶色のフェルトでひざ下を巻き、義足のようにします。
ミイラ
(Mummy)
白い古シーツを切り、体中に巻きます。
天使
(Angel)
白いドレスかスカートをはき、針金入りモールか針金で天使の輪を作ります。太い針金で羽を形作り、すけた布や、白いストッキングをかぶせ体にゴムなどで取り付けます。

アドセンスイメージ画像2

ハロウィーンの豆知識

ハロウィーンについての豆知識

関連エントリー

ハロウィーンの登場するキャラクター ハロウィーンとは ハロウィーンではどうして仮装するの? Jack-O-lanternって何? カボチャのお化け(ジャックオーランタン)のお話 ハロウィーンの過ごし方 アメリカでのハロウィンイベント イギリスでのハロウィン ハロウィンの巨大かぼちゃ Jack-o'-Lantern (カボチャ提灯)の作り方/簡単な流れ ハロウィンのお菓子 ハロウィンのコスチューム ハロウィーンを安全に楽しむために ハロウィーンの言い伝え