アドセンスイメージ画像

Top >  ハロウィーンの豆知識 >  イギリスでのハロウィン

イギリスでのハロウィン

スポンサード リンク

ハロウィーン豆知識7カトリック教徒のガイ・フォークスらが、プロテスタント政権(ジェームズ1世)に不満をもち、国王の暗殺をねらって国会議事堂爆破を計画するが、11月5日、事前に発覚し未遂に終わった(ガイらは翌年処刑)1605年の国会爆破未遂事件。この日を記念して、花火をあげ、大きなかがり火を焚いてガイ・フォークスの人形を焼くという行事が行われるのがガイ・フォークス・デーです。


11月5日が近づくと、子どもたちはぼろ布などでガイ・フォークス人形を作り、"Penny for the Guy!"(ガイのために小銭を)と通行人にねだります。最近ではハロウィンとごちゃまぜになり、"Treck or treat? "といって家々をまわり、お菓子や小銭をあつめる子どももいます(花火代のためとの解釈もあるが、ただのおこづかい稼ぎになっている側面もあります)。


別名、「たき火の夕べ(Bonfire Night)」、あるいは 「花火の夕べ(Fireworks' Night)」と呼ばれ、公園や自宅の庭などで花火大会が行われ、イギリスでは11月が花火シーズンとなります。寒い夜空へ鮮やかに散る花火と大きなたき火で、大人も子どもも盛り上がり、最後にガイの人形がたき火にくべられてクライマックスを迎えます。これが終わると、イギリスは本格的に長い冬に突入します。

アドセンスイメージ画像2

ハロウィーンの豆知識

ハロウィーンについての豆知識

関連エントリー

ハロウィーンの登場するキャラクター ハロウィーンとは ハロウィーンではどうして仮装するの? Jack-O-lanternって何? カボチャのお化け(ジャックオーランタン)のお話 ハロウィーンの過ごし方 アメリカでのハロウィンイベント イギリスでのハロウィン ハロウィンの巨大かぼちゃ Jack-o'-Lantern (カボチャ提灯)の作り方/簡単な流れ ハロウィンのお菓子 ハロウィンのコスチューム ハロウィーンを安全に楽しむために ハロウィーンの言い伝え